袘/𧘱/䘣(読み)フキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふか・す【袘】

[1] 〘他サ下二〙 袘(ふき)を出す。着物の袖口や裾に裏地を出してふくらませる。
※評判記・色道大鏡(1678)二「殿中流・六方がかりなどいふ。〈略〉裏を深くふかせて、すそのたけはるかに短きを本とす」
[2] 〘他サ四〙 (一)に同じ。
浮世草子・世間娘容気(1717)一「ふ断の風俗も裙(すそ)みじかに裏をふかし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android