被さる(読み)カブサル

デジタル大辞泉の解説

かぶさ・る【被さる】

[動ラ五(四)]
かぶせたようになる。覆いかかる。「髪が額に―・る」「現実に思い出が―・る」「二つの音が―・り合う」
負担がわが身に及ぶ。「余分な仕事が―・ってくる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かぶさる【被さる】

( 動五[四] )
覆いかかる。上に重なる。 「落ち葉が-・る」
負担になる。 「負担が-・る」
守る。かばう。 「親ガ子ヲ叱レバババガ-・ル/ヘボン」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android