コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷崎精二 タニザキセイジ

5件 の用語解説(谷崎精二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たにざき‐せいじ【谷崎精二】

[1890~1971]小説家・英文学者。東京の生まれ。潤一郎の弟。はじめ文芸同人雑誌奇蹟」に、のち「早稲田文学」に作品を発表する。小説に「離合」「地に頬つけて」など。また、ポーの翻訳なども手がけた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

谷崎精二【たにざきせいじ】

小説家,評論家,英文学者。東京生れ。谷崎潤一郎の弟。早大英文科卒。広津和郎葛西善蔵らを同人とする《奇蹟》に参加。《蒼き夜と空》《地に頬つけて》など,体験をもとにした発電所物で文壇に認められる。
→関連項目早稲田派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷崎精二 たにざき-せいじ

1890-1971 大正-昭和時代の小説家,英文学者。
明治23年12月19日生まれ。谷崎潤一郎の弟。大正4年「地に頬つけて」などで文壇に登場し,「離合」「静かなる世界」などを発表。第3次「早稲田文学」編集主幹をつとめ,のち母校早大の教授。ポーの全小説を翻訳した。昭和46年12月14日死去。80歳。東京出身。著作に「文学の諸問題」「小説形態の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

たにざきせいじ【谷崎精二】

1890~1971) 小説家・英文学者。東京生まれ。潤一郎の弟。早大教授。広津和郎らと雑誌「奇蹟」を創刊。著「離合」「地に頰つけて」「小説形態の研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷崎精二
たにざきせいじ
(1890―1971)

小説家、英文学者。東京生まれ。潤一郎の弟。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。広津和郎(ひろつかずお)、葛西善蔵(かさいぜんぞう)らとともに『奇蹟(きせき)』の同人。新早稲田派として、自然主義衰退期に生活体験に根ざした堅実なリアリズム小説を発表。作品集に『生と死の愛』(1917)、『地に頬(ほお)をつけて』『離合』『失はれた愛』など。『ポオ小説全集』のほか多くの訳業や評論集もある。早大の教壇に立ち、第三次『早稲田文学』を復刊した。文学博士。早大名誉教授。[千葉俊二]
『『谷崎精二選集』全一巻(1960・校倉書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷崎精二の関連キーワード岡田三郎矢野橋村浜本浩新井紀一伊藤人誉諏訪三郎鷹野つぎ田中純(1)寺崎浩寺本忠雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone