コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被告人質問 ひこくにんしつもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被告人質問
ひこくにんしつもん

刑事事件の公判手続において,被告人に対して行われる質問。裁判官,検察官,弁護人,共同被告人またはその弁護人が,質問することができる。ただし,被告人には供述する義務はないから,自分が答えたい質問にだけ答えればよい (刑事訴訟法 311) 。またかりに虚偽の供述をしても,偽証罪とはならない。被告人が任意に質問に答えたときは,その供述は有利不利を問わず証拠となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

被告人質問

被告が質問で答えた内容は、それが被告にとって有利か不利かを問わず証拠として採用される。被告には黙秘権があり、宣誓したうえでの供述が求められる証人のように偽証罪に問われることはない。証人尋問などが終わり、公判の終盤に行われるケースが多い。

(2011-05-25 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の被告人質問の言及

【証人】より

…刑事訴訟においても被告人は証人とすることができない。英米法系の刑事訴訟では被告人も証人となりうるし,また証人としてのみ供述できるとされているが,日本では被告人が任意に供述する場合に限り,〈被告人質問〉を行うこととなっている(刑事訴訟法311条)。このほか民・刑事を通じて,公務員または公務員であった者に対し職務上の秘密に関する事項につき尋問する場合には監督官庁の承諾を要するとされている(民事訴訟法191条,刑事訴訟法144条,145条)。…

【被告人】より

…刑事訴訟法も,被告人が任意に供述する場合には,裁判官,検察官,弁護人などは,いつでも必要な供述を求めることができるとしている(刑事訴訟法311条2,3項)。これを被告人質問というが,任意に供述する場合にのみ質問が許される点で,供述義務が課せられる証人尋問(304条)や,旧刑事訴訟法の被告人訊問(旧刑事訴訟法338条)と異なる。なお,英米法では,被告人がみずから自分の事件の証人となることを認め,この場合,黙秘権を放棄したものとして供述義務が課され,虚偽の供述は偽証罪で罰せられる。…

※「被告人質問」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

被告人質問の関連キーワード犯罪被害者の訴訟参加被害者参加制度刑事訴訟刑事事件捜査

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被告人質問の関連情報