コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被害者なき犯罪 ひがいしゃなきはんざい victimless crime

1件 の用語解説(被害者なき犯罪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被害者なき犯罪
ひがいしゃなきはんざい
victimless crime

被害者が存在せず他人に対する法益侵害が存在しない犯罪。それを犯罪から除き処罰の対象からはずす (「非犯罪化」する) べきかどうかが議論されている。ポルノグラフィーの頒布・販売やストリップショーなど性的モラルにかかわるもの (外国では同性性交なども問題とされる) ,麻薬など薬物の自己使用,単純賭博行為などがその例で,いずれも他人に直接的な被害を与える行為ではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

被害者なき犯罪の関連キーワード被害者学加害者継続犯状態犯尊閣他人行儀公害裁判アリーの原理被害者支援センター災害被害者に対する租税の減免,徴収猶予等に関する法律

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

被害者なき犯罪の関連情報