被害者なき犯罪(読み)ひがいしゃなきはんざい(英語表記)victimless crime

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被害者なき犯罪
ひがいしゃなきはんざい
victimless crime

被害者が存在せず他人に対する法益侵害が存在しない犯罪。それを犯罪から除き処罰の対象からはずす (「非犯罪化」する) べきかどうかが議論されている。ポルノグラフィーの頒布・販売やストリップショーなど性的モラルにかかわるもの (外国では同性性交なども問題とされる) ,麻薬など薬物の自己使用,単純賭博行為などがその例で,いずれも他人に直接的な被害を与える行為ではない。伝統的には,これらを社会道徳や風俗を害する行為として処罰してきたが,それが刑法の任務であるのかどうかが問題とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android