コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被愛妄想 ひあいもうそうérotomanie(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被愛妄想
ひあいもうそう
érotomanie(仏)

自分がだれかに愛されているという妄想。フランスの精神科医 G. G.デ・クレランボーによって報告された精神病の一型で,色情狂と訳されたこともある。この妄想を抱く者の大半は女性で,対象となるのは人気者,有名人,政治家などである。比較的長期にわたるあこがれと希望の時期から,失望と苦痛の時期を経て,憎しみと絶望の最後の時に入るが,この時期はしばしば周囲の人々や対象に対する実際の行動が見られるので,医学的・法的に最も危険である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひあい‐もうそう〔‐マウサウ〕【被愛妄想】

恋愛妄想

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

被愛妄想の関連キーワード妄想(精神病理学)