補充性(読み)ほじゅうせい

百科事典マイペディアの解説

補充性【ほじゅうせい】

保証債務は,主たる債務者が履行しない場合に,履行しなければいけない義務である。すなわち,保証債務は補充性をもつ。したがって,保証人催告抗弁権民法452条,債権者が主たる債務者に請求せずに保証人に履行を請求してきた場合には,保証人はまず主たる債務者に請求せよと主張して,その請求を拒絶することができる)と検索の抗弁権(民法453条,債権者が主たる債務者に催告した後で保証人に請求した場合であっても,保証人は,さらに,まず主たる債務者の財産に執行せよと主張することができる)を有する。ただし,連帯保証債務は補充性をもたないため,連帯保証人は両抗弁権を有しない(民法454条)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

補充性の関連情報