コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

補整ドル ほせいドル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

補整ドル
ほせいドル

物価の騰落に伴ってその購買力が補整されるドルを意味し,1930年代のアメリカの不況期に I.フィッシャー,G.F.ウォーレンなどによって通貨政策理論のなかで提唱された。貨幣が常に一定の購買力を保つように物価指数の変動に応じてドルに含まれる金純分を増減し,貨幣の財貨に対する相対的価値を安定させようとするもの。もっとも金貨は発行されないため,金と兌換する紙幣と金との比率の変更によって行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

補整ドル【ほせいドル】

物価の変動に応じて貨幣品位,金重量を変更することにより,その購買力を不変に保つようにしたドル。I.フィッシャーらが1930年代の米国の不況期に提唱した概念で,安定通貨の一種である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android