コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裴秀 はいしゅうPei Xiu; P`ei Hsiu

2件 の用語解説(裴秀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裴秀
はいしゅう
Pei Xiu; P`ei Hsiu

[生]黄初5(224)
[没]泰始7(271)
中国,三国の,西晋 (→) の貴族,地理学者。河東聞喜 (山西省聞喜県) の人。字は季彦。魏の権臣曹爽の部下となったが,その死後爽の政敵司馬昭のもとに走り,重んじられた。魏末,官制改革を検討し,また司馬炎 (→武帝) が文王司馬昭の世子となるのに功があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいしゅう【裴秀 Péi Xiù】

224‐271
中国,魏・西晋の官僚,地理家。河東聞喜(山西省)の人。字を季彦という。若くして俊秀の誉れ高く,魏の曹爽に仕え,その死後は敵対勢力司馬昭のもとにあって,散騎常侍,尚書僕射となった。魏より西晋への変動期は武帝を擁立,左光禄大夫,鉅鹿郡公,司空を歴任した。職掌上《禹貢地域図》18編をつくり,序文に地図作成の準則六体(分率,準望,道里,高下,方邪,迂直)を示し,方丈図(一寸百里)をつくった。この準則は明末のヨーロッパ製図法が入ってくるまで,中国の地図製作の基本準則となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

裴秀の関連キーワードマルチキャスト略取誘拐罪スポーツ振興くじtotoIs値マスコミ倫理懇談会石川銀行の増資ヒロシマ・ピース・ボランティア東北3県の医師不足大雪の被害と市民生活への影響

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone