コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裴秀 はいしゅうPei Xiu; P`ei Hsiu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裴秀
はいしゅう
Pei Xiu; P`ei Hsiu

[生]黄初5(224)
[没]泰始7(271)
中国,三国の西晋 (→) の貴族,地理学者。河東聞喜 (山西省聞喜県) の人。字は季彦。魏の権臣曹爽の部下となったが,その死後爽の政敵司馬昭のもとに走り,重んじられた。魏末,官制改革を検討し,また司馬炎 (→武帝) が文王司馬昭の世子となるのに功があった。西晋になると武帝のもとで尚書令司空となった。地理学に造詣深く,『禹貢地域図』 (18編) を作成。中国地図学の祖といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はいしゅう【裴秀 Péi Xiù】

224‐271
中国,魏・西晋の官僚,地理家。河東聞喜(山西省)の人。字を季彦という。若くして俊秀の誉れ高く,魏の曹爽に仕え,その死後は敵対勢力司馬昭のもとにあって,散騎常侍,尚書僕射となった。魏より西晋への変動期は武帝を擁立,左光禄大夫,鉅鹿郡公,司空を歴任した。職掌上《禹貢地域図》18編をつくり,序文に地図作成の準則六体(分率,準望,道里,高下,方邪,迂直)を示し,方丈図(一寸百里)をつくった。この準則は明末のヨーロッパ製図法が入ってくるまで,中国の地図製作の基本準則となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

裴秀の関連キーワード裴頠

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android