コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製銑 せいせんsmelting of pig iron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製銑
せいせん
smelting of pig iron

高炉に鉄鉱石,マンガン鉱,造滓溶剤コークスを装入して熱風を送り,銑鉄を製造する工程。原料鉱は赤鉱,磁鉄鉱,褐鉄鉱などの酸化鉱。溶剤は通常石灰石で,鉱石中の不要鉱物ケイ酸,アルミナなどと結合して低融点の高炉滓をつくり鉄と分離する作用をする。マンガン鉱は脱硫作用があるほか,還元されたマンガンが銑鉄に入って組成と性質を改善する。コークスは不完全燃焼して一酸化炭素ガスとなり,鉄鉱,マンガン鉱を還元すると同時に熱源となる。熱風はコークスの効率のよい燃焼のため 1000~1300℃に予熱され (→熱風炉 ) ,高炉下部周囲に配置された羽口から吹込まれる。空気は諸原料中最も消費量 (重量) が多い。銑鉄 1tあたり原料消費量は,鉱石の品位や種類,操業法によって異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

製銑【せいせん】

製鉄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せいせん【製銑】

鉄鉱石から銑鉄をつくること。また、その工程。製鉄。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

製銑の関連キーワードケイ酸肥料(珪酸肥料)田中 長兵衛(2代目)高炉メーカー銑鋼一貫作業一貫生産体制製鉄・製鋼原子力製鉄日本科学史コークス比直接製鉄法小花 冬吉連続製鋼法ダービー酸素製鋼大島高任直接製鉄小花冬吉乾式製錬電気冶金電気製銑

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android