高炉滓(読み)こうろさい(英語表記)blast furnace slag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高炉滓
こうろさい
blast furnace slag

鉄の高炉から出る鉱滓。組成は通常 CaO+MgO40%,Al2O3 15%,SiO2 35%,すなわち塩基度 1.3ぐらいに調整する。製品銑鉄の硫黄除去のためマンガン鉱も加えるので少量の MnS,CaSも含まれる。出滓量は原鉱品位によるが,だいたい銑鉄 1tあたり 400~700kg程度である。高炉底で銑鉄と比重分離して浮くので炉底上部の出滓孔から随時流し出す。流出溶融滓をそのまま固めたものは砕いて土建,埋立て用のバラスに,流出中に高圧蒸気で吹飛ばした繊維状のものはスラグウール (鉄滓綿) として保温・防音用建材に,水中に注いで急冷したものは高炉セメント鉱滓煉瓦の材料に,それぞれ用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android