コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

製麻工業 せいまこうぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

製麻工業
せいまこうぎょう

チョマ、アマ、大麻(たいま)、コウマ(ジュート)、マニラアサなどを原料として、これを紡績・製織する工業の総称。人類の衣料としては古くから用いられ、たとえば、紀元前4000年ごろのアサ布がエジプトから出土している。本来、麻(あさ)繊維は、植物の茎や葉などを原料とし、そのなかの繊維素を取り出して使用するものであり、栽培上自然条件からの制約が多く、また他の農作物とも競合上有利とはいえない。その生産も、特定地域に限定されている。水に強い特性をもつので、わが国においても第二次世界大戦前には軍需、漁網、綱、夏季用衣料として広範に利用されていたが、戦後は合成化学繊維の普及によって、全体としては衰退を余儀なくされるに至っている。わずかに、コウマは、チョマ、アマと違って、広く産業用に使用され、荷造り紐(ひも)、ワイヤロープ芯糸(しんいと)、電線巻糸、導火線などに糸のまま用いられ、残りは米麦・雑穀用袋、輸出梱包(こんぽう)材料、椅子(いす)下張りなど織物に加工・使用されている。[加藤幸三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android