コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複線型キャリアパス

1件 の用語解説(複線型キャリアパスの意味・用語解説を検索)

人材マネジメント用語集の解説

複線型キャリアパス

* ホーム
* 求職者向けサービス
* 仕事を探す
* 転職サポート(登録)
* 求人企業向けサービス
* 人財を探す


用語を検索する

用語集トップへもどる
複線型キャリアパス

・自社内において仕事の経験を積みながら次第に能力を高くする順序、あるいはその目的のための職場を異動する経歴が、複数に分かれていること。
・従来は、ライン長として部下を持つことのみが社内におけるキャリアパスとなっていたが、昨今では、専門職を設置する等によって複線型のキャリアパスを人事制度に盛り込む企業が増えている。
・多様な人材に対し、能力発揮の場を与え、個性にあったキャリア形成を構築させることが出来る。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

複線型キャリアパスの関連キーワードホームホームインホームゲームホームチーム求職者給付ホームライナー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone