コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褐毛和種 あかげわしゅ

3件 の用語解説(褐毛和種の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褐毛和種
あかげわしゅ

熊本県と高知県を主産地として,関東,東北地方に分布している兼用牛。性質温順で,使役に適する。肉質では黒毛和種にやや劣るが,肉量はひけをとらない。熊本県系統のものは赤褐色で1枚毛であるが,高知県系統のものは「毛分け」といって,褐色の毛色に,角,ひづめ,鼻鏡その他の皮膚色の黒いものが喜ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あかげわしゅ【褐毛和種】

和牛の一品種。毛色は淡褐色または赤褐色。熊本県と高知県が主産地。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の褐毛和種の言及

【ウシ(牛)】より

…肉質が優れていて,筋繊維間に細かく脂肪が沈着した〈霜降り肉〉を生産する。(8)褐毛(あかげ)和種日本の在来牛をシンメンタール種や朝鮮牛で改良して作出した褐色のウシ。体重450~800kg。…

【和牛】より

…かつては中国地方が伝統的な産地であったが,現在では九州,東北に主産地が移行しつつある。褐毛(あかげ)和種は熊本県の在来牛にシンメンタール種を交配したもの。毛色は赤褐色または黄褐色で,体格は黒毛和種よりやや大型である。…

【ウシ(牛)】より

…肉質が優れていて,筋繊維間に細かく脂肪が沈着した〈霜降り肉〉を生産する。(8)褐毛(あかげ)和種日本の在来牛をシンメンタール種や朝鮮牛で改良して作出した褐色のウシ。体重450~800kg。…

※「褐毛和種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

褐毛和種の関連情報