コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襲用 シュウヨウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐よう〔シフ‐〕【襲用】

[名](スル)従来の方法・形式などをそのまま受け継いで用いること。踏襲。「前代の技法を襲用する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうよう【襲用】

( 名 ) スル
受け継ぎ用いること。 「養父(=優繇やすしげ)の優字を-したのである/渋江抽斎 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

襲用の関連キーワードフォビドゥンガンダムイージスガンダムレイダーガンダム特殊潜航艇歌舞伎劇場ロードス島冠位十二階国歌大観渋江抽斎アーガマスルタン永業田木工芸目録学前代踏襲科挙

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android