踏襲(読み)トウシュウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐しゅう〔タフシフ|タウシフ〕【踏襲/×蹈襲】

[名](スル)前人のやり方などをそのまま受け継ぐこと。「前社長方針を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐しゅう タフシフ【踏襲・蹈タウ襲】

〘名〙 前人の経験したものを、そのまま受け継ぐこと。もとのままに伝えること。前人の説ややりかたをそのまま受け継ぎ自分の説にすること。
※駿台雑話(1732)一「道理においてたがふ事なくば、何ぞ必しも規々とし古人の言を蹈襲(タフシフ)すべき」 〔図絵宝鑑‐巻三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報