西収(読み)サイシュ

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐しゅ【西収】

〘名〙 (「西」は「秋」の意) 秋の収穫。転じて、農事。せいしゅう。さいしゅう。→東作
※平家(13C前)一〇「春は東作のおもひをわすれ、秋は西収(サイシュ)(高良本ルビ)のいとなみにも及ばず」

せい‐しゅ【西収】

※屋代本平家(13C前)一〇「春は東作の思を忘れ、秋は西収(セイシュ)の営(いとなみ)にも及ばず」

せい‐しゅう ‥シウ【西収】

〘名〙 (「西」は秋の意) 秋の作物のとりいれ。秋季の収穫。さいしゅ。せいしゅ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・暮春即事〈藤原明衡〉「東作宜誇千戸富、西収予悟万方寧」
※源平盛衰記(14C前)四一「春は東作企てを忘れ、秋は西収(セイシウ)の営みを棄てければ」

さい‐しゅう ‥シウ【西収】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android