西園寺公と政局(読み)さいおんじこうとせいきょく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

最後の元老(げんろう)西園寺公望(きんもち)の政治秘書であった原田熊雄が、職務上知りえたことを口述し記録させたもの。原田熊雄は1926年(昭和1)から40年の西園寺の死に至るまでの14年余、西園寺の秘書として歴代総理など政界上層部との連絡、情報収集にあたった。そのときに直接間接に見聞したことを、30年3月から40年11月まで四百数十回にわたって口述し記録させた。原田自身近衛文麿(このえふみまろ)、木戸幸一(こういち)ら政界上層部に多くの知友をもっており、口述にあたり、できるだけ事実を忠実に記録する態度で臨んだため、昭和初期の政界最上層部の動向を知るうえで、貴重な史料となっている。

[芳井研一]

『『西園寺公と政局』8巻・別巻1(1950~52・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android