コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸幸一 きど こういち

百科事典マイペディアの解説

木戸幸一【きどこういち】

政治家。木戸孝允の孫。京大卒。1930年内大臣秘書官,1940年内大臣などを務め,近衛文麿らとともに宮中政治家の革新派を代表していた。東条英機内閣成立のために暗躍,またポツダム宣言受諾を実現させた。
→関連項目内大臣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸幸一 きど-こういち

1889-1977 昭和時代の政治家。
明治22年7月18日生まれ。木戸孝正の長男。第1次近衛内閣の文相・厚相,平沼内閣の内相をつとめる。昭和15年内大臣に任じられ,天皇の側近として実権をにぎる。太平洋戦争末期には和平工作に尽力。戦後A級戦犯として終身禁固刑,30年仮釈放。「木戸幸一日記」をのこした。昭和52年4月6日死去。87歳。東京出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きどこういち【木戸幸一】

1889‐1977(明治22‐昭和52)
宮中政治家。木戸孝允の養嗣子孝正の長男として東京に生まれる。1915年京大卒業後農商務省に入り,17年侯爵を襲爵して貴族院議員となり,25年商工省に転じた。30年内大臣秘書官長,33年宗秩寮総裁を兼任,近衛文麿らとともに宮中政治家中の革新派を代表し,元老西園寺公望らの親英米的現状維持派とは意見を異にしていた。37年第1次近衛文麿内閣の文相,38年厚相,39年平沼騏一郎内閣の内相を歴任,近衛新党運動や新体制運動を推進した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きどこういち【木戸幸一】

1889~1977) 宮中政治家。東京生まれ。木戸孝允の孫。京大卒。1940年(昭和15)内大臣。41年東条を近衛の後継主班に推挙。太平洋戦争末期、国体護持のため聖断によるポツダム宣言受諾を実現。 A 級戦犯、終身刑。1955年仮釈放。「木戸幸一日記」は戦時期の宮中秘史として貴重。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木戸幸一
きどこういち

[生]1889.7.18. 東京
[没]1977.4.6. 東京
政治家。木戸孝允の孫。学習院から,1915年に京都大学を卒業し,農商務省に入る。 17年に侯爵を襲爵。 30~36年内大臣秘書官長。 37年第1次近衛文麿内閣の文相,厚相。 39年平沼騏一郎内閣の内相。 40~45年まで内大臣として天皇の側近にあって,東条英機内閣の成立をはじめ,終戦工作などに大きな役割を演じた。極東国際軍事裁判でA級戦犯として終身禁錮刑に処されたが,55年に出所した。『木戸幸一日記』 (1966) が著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木戸幸一
きどこういち
(1889―1977)

宮中政治家。侯爵。東京生まれ。明治の元勲木戸孝允(たかよし)の孫。侯爵木戸孝正の長男。学習院に学び、京都帝国大学法学部を卒業。1915年(大正4)農商務省入り。翌年襲爵し貴族院議員となる。1922年、近衛文麿(このえふみまろ)、有馬頼寧(ありまよりやす)らとともに「革新貴族」グループ十一会を発足させ、元老西園寺公望(さいおんじきんもち)、牧野伸顕(まきののぶあき)の次代を担う宮中政治家としての活動を始める。1925年商工省勤務。1930年(昭和5)内大臣秘書官長。1933年宗秩寮(そうちつりょう)総裁を兼任。1937年第一次近衛内閣の文相兼厚相として政治の表舞台に登場する。1939年平沼騏一郎(ひらぬまきいちろう)内閣内相。1940年内大臣就任、天皇側近として国政の実権を握る。重臣会議で主導性を発揮し、1941年東条英機(とうじょうひでき)内閣成立に尽力。天皇にもっとも密着していた宮中政治家で、戦局が悪化すると「国体護持」による和平工作に苦慮した。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判にかけられ、1948年(昭和23)終身禁錮の判決を受ける。1955年病気のため仮釈放、1958年赦免。以後神奈川県大磯(おおいそ)に隠棲(いんせい)。日記や証言など多くの資料が残されており、公刊されたものとしては『木戸日記』(上・下・東京裁判期)、『木戸幸一関係文書』などがある。[小田部雄次]
『デイビッド・タイタス著、大谷堅志郎訳『日本の天皇政治――宮中の役割の研究』(1979・サイマル出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の木戸幸一の言及

【重臣】より

…40年の米内光政内閣の成立にあたっては湯浅倉平内大臣が枢密院議長と首相前官礼遇者の意見をきき,西園寺の意見も求めたうえで米内を推薦した。次の第2次近衛文麿内閣は木戸幸一内大臣が枢密院議長,元首相と協議して推薦した。元首相となると林,阿部信行両陸軍大将も加わり,陸軍の意見も代表されることになる。…

【終戦工作】より

…5月のドイツ降伏を契機に,最高戦争指導会議構成員会議でソ連を仲介とする和平工作が検討され,東郷茂徳外相の委嘱をうけた広田弘毅元首相は,6月3日から駐日ソ連大使マリクY.A.Malik(1906‐80)との会談を開始した。交渉が難航したため,木戸幸一内大臣は天皇の親書を携えた特使の派遣を画策,7月10日の最高戦争指導会議構成員会議で近衛文麿特使のモスクワ派遣が決定された。しかしソ連は,45年2月のヤルタ会談で対日参戦を決意しており,日本の提案は具体性に欠け,近衛特使の使命も不明確であるとの理由から,この問題に対する確答を避けた。…

【太平洋戦争】より

…次いで同年11月27日のカイロ宣言(〈カイロ会談〉の項を参照)では,満州・台湾・澎湖諸島の中国への返還,朝鮮の独立,日本の無条件降伏などが定められ,45年2月11日のヤルタ協定(〈ヤルタ会談〉の項を参照)では,南樺太のソ連への返還と千島列島のソ連への引渡しを条件とするソ連対日参戦が決定され,さらに7月26日のポツダム宣言は,日本が非軍事化と民主化を2本の柱とする対日処理方針を受諾し,即時無条件降伏することを求めていた。これに対し日本では,45年2月14日の近衛文麿元首相の天皇への上奏文提出を契機に,和平工作が木戸幸一内大臣らの宮中グループを中心に進められた。彼らの論理は,敗戦にともなう〈共産革命〉を避けるため,〈国体護持〉=天皇制擁護の立場から早期和平を実現するというもので,日本国民と日本の侵略戦争の犠牲になったアジア諸民族に対する責任感に欠け,〈国体護持〉のみを唯一絶対の基準とする和平論であった。…

【内大臣】より

…そのため内大臣はつねに右翼テロの目標とされ,斎藤は二・二六事件で殺された。40年には若手の宮廷派の木戸幸一が内大臣となり,重臣会議のとりまとめ役となって,第2次近衛文麿,東条英機両内閣を成立させた。太平洋戦争のなかで天皇の動きが注目されるようになると,内大臣は天皇と政界上層部の間の唯一のパイプとして,重大な機能を果たした。…

※「木戸幸一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木戸幸一の関連キーワード幣原喜重郎内閣西園寺公と政局宮廷グループ終戦反対事件飯島 与志雄朝比奈 宗源湯浅 倉平原田 熊雄和田 小六徳川 義寛井上 三郎木戸 幸一昭和時代昭和天皇国体護持重臣会議東京裁判原田熊雄終身刑推挙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木戸幸一の関連情報