知友(読み)チユウ

  • ちゆう ‥イウ
  • ちゆう〔イウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 互いに深く心を知りあっている友。親友。友人。
※菅家文草(900頃)三・途中遇中進士、便訪春賦二三子「適逢知友中途、便謝諸生怨旧儒
※俳諧・虎渓の橋(1678か)賦何雀俳諧「ちいうは互に奥山の庵〈江雲〉 寐物語ついくちくちの鹿の声〈松意〉」 〔史記‐酷吏伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知友の関連情報