コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東申次 かんとうもうしつぎ

世界大百科事典 第2版の解説

かんとうもうしつぎ【関東申次】

12世紀の末に鎌倉に幕府が開かれると,京都の朝廷には幕府との連絡交渉にあたる役職がおのずから生まれてきた。この役職およびその任にあたる人物は,13世紀半ば以降関東申次と呼ばれるようになった。いかなる人物がその任にあたり,いかなる活動を示すかは,その時々の朝廷と幕府との政治的な力関係によって左右された。たとえば源頼朝の時代には,もっぱら院伝奏の吉田経房が朝幕間の単なる取次ぎにあたり,承久の乱後は,重要事項については将軍頼経の父である九条道家が交渉にあたり,小事は院司が取り次ぐといったぐあいであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関東申次
かんとうもうしつぎ

鎌倉時代、朝廷側の窓口として幕府との連絡にあたった役職。幕府成立時、公武間の連絡から後白河院の恣意(しい)を排除するため、源頼朝の働き掛けで設置されたと考えられる。頼朝時代には親幕派の吉田経房(つねふさ)、頼朝死後は将軍家の縁戚の坊門信清(ぼうもんのぶきよ)・西園寺公経(さいおんじきんつね)、承久(じょうきゅう)の乱後は公経・九条道家(みちいえ)が務め、1244年(寛元2)の公経死後、道家がこの職を事実上独占した。しかし、1246年に道家の子の前将軍頼経(よりつね)が鎌倉を追われると道家も失脚し、幕府は西園寺実氏(さねうじ)を申次に指名、ここに関東申次は制度的に確立した。以後、申次の職は西園寺家嫡流に相伝され、その職務の重要性から同家の勢力はさらに拡大することになった。[市沢 哲]
『美川圭著『院政の研究』(1996・臨川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の関東申次の言及

【伝奏】より

…伝奏の数は,後嵯峨院政当初は2人であったが漸次増加し,次の亀山院政には数人が結番して当番で事にあたり,また後伏見院政には,神宮伝奏や諸寺諸社に専任の寺社伝奏が置かれるようになった。さらに,伝奏とはいわないが公家と鎌倉幕府との間を取り次ぐ役職として,関東申次(もうしつぎ)があったが,鎌倉時代を通じて西園寺家がこの任にあたっている。室町幕府が成立すると,これは武家執奏と名を変え,一時中断はあるものの西園寺家が引き続きこれを務めたが,後円融院政ごろ廃絶する。…

※「関東申次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

関東申次の関連キーワード西園寺公衡西園寺実兼西園寺実氏西園寺公宗六波羅探題西園寺実衡西園寺公経二条定高三善長衡北条時行北条時頼高階経雅西園寺家源親子大宮院吉田家龍 粛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android