コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管見記 かんけんき

4件 の用語解説(管見記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

管見記
かんけんき

西園寺家歴代の日記と記録。 105巻。日記は公衡 (1264~1315) ,実衡 (1290~1326) ,公名 (1410~68) ,実遠 (34~95) ,公藤 (55~1512) ,実宣 (1495~1543) が残っており,平安時代末期から室町時代後期に及ぶ有職故実や朝幕関係の記事に富む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんけんき【管見記】

西園寺家に伝来した記録。全105巻。宮内庁書陵部所蔵。西園寺公衡,公名,実遠,公藤らの日記(1283‐1523)の自筆原本を中心とし,ほかに御幸・改元等の部類記,叙位・賭射等の公事次第,および同家の家譜等を含む。各日記は当時の根本史料として重要である。また女叙位の作法書などの詳細な故実書や紙背文書等にも注目すべきものがある。公衡の日記は《史料纂集》に《公衡公記》として刊行。【佐藤 圭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんけんき【管見記】

西園寺家伝来の記録。一〇五巻。西園寺家歴代の日記を中心に収める。公衡卿記。管見公衡記。西園寺家記録。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

管見記
かんけんき

西園寺(さいおんじ)家に伝来した同家歴代公衡(きんひら)・公名(きんな)・実遠(さねとお)・公藤(きんふじ)などの日記を中心とする古記録・古文書類一括全105巻の総称。本来はそのなかで量的にもっとも多い「公名公記」の別称であったものが、のち全体の呼び名となったものとされる。『西園寺家記録』『西園寺家代々記録』ともいう。歴代記では「公衡公記」が1283年(弘安6)より1315年(正和4)まで18巻、「公名公記」が1428年(正長1)より1459年(長禄3)まで30巻、「実遠公記」が1453年(享徳2)より1482年(文明14)まで8巻、「公藤公記」が1501年(文亀1)より1510年(永正7)まで8巻、「実宣(さねのぶ)公記」が1522、23年(大永2、3)1巻などである。ほかに「鳥羽院(とばいん)土御門殿(つちみかどどの)遷幸記」1117年(永久5)などの他家記録、「白河院(しらかわいん)郁芳門院(いくほうもんいん)日吉御幸部類記」1091年(寛治5)などの部類記、および公事次第(くじしだい)、その他典籍文書若干を含む。1942年(昭和17)西園寺家より宮内省に納められ、現在宮内庁書陵部蔵。1939年(昭和14)、全巻コロタイプ複製された。ほかに諸伝本が各所に伝わっている。平安末期より室町時代に及ぶ有職故実(ゆうそくこじつ)、朝幕関係等の貴重資料である。[名和 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

管見記の関連キーワード西園寺賞季西園寺家西園寺西園寺公広橘知宣橋本実俊伊予西園寺家西園寺氏西園寺家記録西園寺殿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone