コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西寛二郎 にし かんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西寛二郎 にし-かんじろう

1846-1912 幕末-明治時代の武士,軍人。
弘化(こうか)3年3月10日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。戊辰(ぼしん)戦争では,鳥羽伏見,会津(あいづ)などを転戦。維新後,西南戦争,日清(にっしん)・日露戦争従軍。明治37年陸軍大将。のち教育総監,軍事参議官を歴任した。子爵。明治45年2月28日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西寛二郎

没年:明治45.2.28(1912)
生年:弘化3.3.10(1846.4.5)
明治期の陸軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士西太郎兵衛の長男。11歳のときから島津久光に近侍し,戊辰戦争では遊撃隊を率いて鳥羽,伏見から会津(福島県),越後(新潟県)へ転戦して活躍,明治4(1871)年陸軍中尉に任じられた。その後佐賀の乱では征討幕僚参謀,西南戦争(1877)では別働第1旅団参謀長を務め,以後歩兵第11連隊長,参謀本部第1局長,歩兵第11旅団長を歴任した。日清戦争(1894~95)が始まると歩兵第2旅団を率いて出征,第1師団長山地元治の下で金州,旅順の攻略に功績を立てて男爵に叙せられた。日露戦争(1904~05)には第2師団長として出征し,摩天嶺で将軍ケルレル率いる優勢なロシア軍と交戦,数時間の激戦の末これを撃破して勇名をとどろかせ,大将へ昇進。戦後子爵に進んだ。のち教育総監,軍事参議官を経て,44年予備役へ編入。温厚,剛毅な性格で,部下の信頼は厚かったという。<参考文献>長坂金雄『西寛二郎』

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

西寛二郎の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android