西方 国雄(読み)ニシカタ クニオ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の歌人



生年
大正5(1916)年5月17日

没年
昭和43(1968)年1月21日

出生地
新潟県新潟市

経歴
高等小学校卒業後、家業の屋根葺き職を継ぐ。傍ら歌人として活躍、昭和11年「ポトナム」、16年「アララギ」に入会。天理教の布教師でもあり、ユーモラスで生活に根ざした歌を詠んだ。著書に「西方国雄歌集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android