ブロッホ(英語表記)Bloch, Ernest

  • Bloch, Ernst
  • Bloch, Felix
  • Bloch, Joseph Samuel
  • Bloch, Konrad
  • Broch, Hermann
  • Ernest Bloch
  • Ernst Bloch
  • Hermann Broch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1880.7.24. ジュネーブ
[没]1959.7.15. ポートランド
スイスに生れ,アメリカで活躍したユダヤ人作曲家。 J.ダルクローズ師事,ブリュッセル音楽院に学んだのち,ベルギー,ドイツ,フランスに学ぶ。 1916年渡米して,23年アメリカの市民権を得た。クリーブランドサンフランシスコなど各地の音楽学校に勤め,30年いったんスイスに戻ったが,39年に再び渡米した。主要作品はチェロとオーケストラのヘブライ風ラプソディ『シェロモ』 (1913~17) ,ユダヤ教のための典礼音楽,室内楽,バイオリンソナタ,五重奏曲。
[生]1905.10.23. チューリヒ
[没]1983.9.10. チューリヒ
スイス生れのアメリカの物理学者。チューリヒのスイス連邦工科大学を終え,ライプチヒ大学で W.ハイゼンベルクの助手をつとめ,1928年学位を取得。固体の量子論を研究し,周期性をもつ場の中の電子の波動関数 (ブロッホ関数) を発表。 34年アメリカのスタンフォード大学に移り,39年 L.アルバレとともに中性子の磁気能率の測定に成功。第2次世界大戦中は原子力およびレーダの研究に従事。 45年スタンフォード大学に戻り,46年核磁気誘導法による核磁気モーメントの測定法を案出。 52年 E.パーセルとともにノーベル物理学賞を受賞した。
[生]1850.11.20. デュクラ
[没]1923.10.1. ウィーン
オーストリア生れのラビジャーナリスト反ユダヤ主義に対して論陣を張り,人権擁護のために戦った。主著イスラエルと諸民族』 Israel und Völker (1922) 。
[生]1912.1.21. ナイセ
[没]2000.10.15. マサチューセッツ,バーリントン
アメリカの生化学者。ブロックとも呼ばれる。 1934年ミュンヘン工科大学卒業。ナチスの弾圧を逃れて 36年アメリカに渡り,44年アメリカ市民権を得た。コロンビア大学で生化学を学び,1938年博士号を取得。 46~54年シカゴ大学,54年ハーバード大学で生化学教授を歴任。重水で標識した酢酸を使ってコレステロールを追跡し,酢酸イソプレノイドを経てコレステロールになる過程と,その調節機構を解明した。また酵素による不飽和脂肪酸の生合成を研究,64年 F.リネンとともに,コレステロールと脂肪酸の代謝機構と調節の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した。
[生]1886.11.1. ウィーン
[没]1951.5.30. ニューヘーブン
オーストリアの作家。ユダヤ人の父親の紡績工場を継ぐため,工業大学などで紡績技術を学びながらも,哲学や数学にも強い興味をもつ。卒業後,父の事業を継ぐが,1927年突然工場をやめ,1928~31年ウィーン大学で改めて数学,哲学,心理学を学ぶ。また最初の長編小説『夢遊の人々』 Die Schlafwandler (31~32) を著わし,第1次世界大戦の終結によって旧秩序が崩壊し,なんのよりどころもないままにさまよい歩く人々の姿を描出した。 38年ナチスに捕えられたが,ジョイスらの努力で釈放,その後イギリスを経てアメリカに亡命,エール大学でドイツ文学を講じた。その間,代表作『ウェルギリウスの死』 Der Tod des Vergil (45) を完成させた。彼の偉大さは内的独白,対象による表現形式の転換などの新しい様式を用い,学問的認識,省察,夢を詩的領域に取入れた点にある。ほかに『罪なき人々』 Die Schuldlosen (50) など。
[生]1885.7.8. ルートウィヒスハーフェン
[没]1977.8.4. シュツットガルト
ドイツの哲学者。マルクス主義の不完全な現実観を完成させるべく「希望の哲学」を唱道した。1918年ライプチヒ大学で哲学者としてのキャリアを開始するが,1933年ナチスに追われスイスに,その後アメリカ合衆国へ亡命。代表作『希望の原理』Das Prinzip Hoffnung(全3巻,1954~59)のうち 1巻,2巻をアメリカで執筆した。1948年,ドイツ民主共和国(東ドイツ)に帰国し,ライプチヒ大学で教授の座につく。マルクス主義思想の変遷に対する批判を展開して共産党幹部の怒りを買い,1953年から主幹を務めた哲学誌 "Deutsche Zeitschrift für Philosophie"は発売禁止となり,自身も出版活動を禁止された。1957年,著作が収処分を受けた。1961年にドイツ連邦共和国(西ドイツ)へ亡命し,テュービンゲン大学教鞭をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

スイス生れのユダヤ系作曲家。ブロックともいう。生地ジュネーブでジャック・ダルクローズに学んだのち,バイオリン奏者を志してブリュッセル音楽院でイザイエに師事。1904年からジュネーブ音楽院で教え,1911年教授。1916年に渡米し,クリーブランドとサンフランシスコの音楽院院長を歴任した。1930年−1938年には再びスイスを拠点にし,1938年以降は米国に暮らす。1941年カリフォルニア大学教授。最もポピュラーなチェロと管弦楽のための《ヘブライ狂詩曲シェロモ(ソロモン)》(1916年)をはじめ,ユダヤ民族主義を強烈に打ち出した作風で知られ,調性を基盤に形式面では新古典的スタイルをとりつつ,拍子や調性の変転するきわめて個性的な作風を確立した。ほかに,《イスラエル交響曲》(1916年),《ピアノ五重奏曲第1番》(1923年),シゲティによって初演された《バイオリン協奏曲》(1938年),《無伴奏バイオリン組曲》(1958年),5つの弦楽四重奏曲(1916年−1956年)などがある。→アンセルメ
→関連項目合奏協奏曲
ドイツのユダヤ系哲学者。1961年以降チュービンゲン大学教授。カントヘーゲルを学び,ジンメル,ルカーチ,ベンヤミンらとの交友のなかで,独自の表現主義的・マルクス主義的歴史哲学を構築した。主著《ユートピアの精神》(1918年),《トーマス・ミュンツァー》(1921年),《希望の原理》(1959年)。
スイス生れの米国の物理学者。チューリヒ工科大学を出て,ライプチヒ大学でハイゼンベルク助手として金属の電気伝導,強磁性体を量子論的に研究。1934年渡米しスタンフォード大学教授となり,1939年米国に帰化。第2次大戦中は原爆開発計画に参加。1946年パーセルと独立に磁気共鳴による電波の吸収を利用し液体・固体試料の原子核磁気モーメントを測定する方法を案出。1952年パーセルとともにノーベル物理学賞。
ドイツ生れの米国の生化学者。ミュンヘン工科大学卒業後,ナチに追われ渡米。ハーバード大学教授。重水素で標識した酢酸を使って,コレステロール生合成経路を研究し,中間物質としてのスクアレンの役割を明らかにする。そのほか,脂肪酸生合成,グルタチオン生合成の経路の解明にもつくす。1964年ノーベル生理医学賞。
オーストリアのユダヤ系作家。家業の紡績会社社長となるが,1927年退き,大学で数学,哲学,心理学を学ぶ。同時にジョイスの《ユリシーズ》の影響を受けた三部作《夢遊の人々》(1931年―1932年)を書き,ドイツにおける諸価値の崩壊という事態を描いた。1938年ナチスにより逮捕され,のち米国に亡命。獄中で死に直面した体験をもとに哲学詩的な長編《ウェルギリウスの死》(1945年)を完成,世界的評価を得た。ほかに短編連作の《罪なき人びと》,長編《誘惑者》などがあり,《群衆の心理》をはじめとする評論にもすぐれる。
→関連項目古井由吉ミュアー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1880‐1959
スイスの作曲家。ベルギー,ドイツ,フランスに学んだのち,ジュネーブ音楽院教授となる。1916年アメリカに渡り,クリーブランドやサンフランシスコの音楽院長を歴任する。E.A.イザイエの高弟だった彼は,演奏家,指揮者としても活躍した。ブロッホはユダヤ民族主義を前面に押し出した作風で成功を収めた数少ない作曲家の一人でもある。《イスラエル交響曲》(1916),《ヘブライ狂詩曲シェロモ》(1916)などでユダヤ教的世界観を示した前・中期を経て,20年代後半からは新古典主義的性格を盛り込んだ作風に移行している。
1885‐1977
ドイツの哲学者。工業都市ルートウィヒスハーフェンのユダヤ系に生まれ,ライン対岸の古都マンハイムとの文化的二重性の中でW.ハウフやK.マイの物語とカントやヘーゲルの哲学に親しんで育った。哲学,物理学,音楽を専攻,ジンメルとウェーバー知己を得,ルカーチやベンヤミンと親交,また表現主義に共鳴した。生命体の力の発現と〈客観的ファンタジー〉の関連に関心をもち,若くして主体の〈未意識〉と客体の〈未存在〉を統一的にとらえる哲学を自覚,その確信は宣言の書《ユートピアの精神》(1918),原論《希望の原理》(1959),実践論《世界の実験》(1975)を一貫している。
1886‐1951
オーストリアのユダヤ系作家。ウィーンの大紡績工業家の子として生まれ,工業大学で繊維工学と数学を学んだのち父の会社をついで社長となり,ウィーン工業連盟理事長などの役職をもつとめた有能な実業家であったが,41歳のときに突然実業界から身をひき,ウィーン大学でふたたび数学,哲学,心理学などを学んだ。仕事をやめると同時に著作活動をはじめた。1932年に完成した小説《夢遊の人々》は,〈1888年,パーゼノウあるいはロマン主義〉〈1903年,エッシュあるいは無政府主義〉〈1918年,ユグノーあるいは即物主義〉の3部にわかれ,15年ずつの間隔をおいた三つの時期,30年にわたってのドイツの中流社会の解体,精神的に不毛となった即物的人間の出現をとおして諸価値の崩壊を描く哲学的小説であるが,全体性と非合理的なものの統一という構成面でジョイスの《ユリシーズ》の影響をうけている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[一] (Ernest Bloch エルネスト━) スイス生まれのユダヤ人作曲家。ユダヤ民族の精神的特質を独自の手法で表現。渡米してアメリカの現代音楽にも影響を与えた。代表作は、チェロと管弦楽のためのヘブライ狂詩曲「シェロモ」。(一八八〇‐一九五九
[二] (Hermann Broch ヘルマン━) オーストリアの小説家。文明の危機に立つ人間の観想を描いた「ベルギリウスの死」を発表。(一八八六‐一九五一
[三] (Ernst Bloch エルンスト━) ドイツの哲学者。ユダヤ神秘主義とマルクス主義を結合し、人間の内発的な希望を追究した。ナチス台頭後アメリカに亡命し、戦後東ドイツに帰ったが異端視され、一九六一年には西ドイツに移住した。著「ユートピアの精神」「希望の原理」など。(一八八五‐一九七七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のブロッホの言及

【ユダヤ音楽】より

…こうした現象の延長線上で,ヨーロッパ芸術音楽の分野では多くのユダヤ系音楽家が活躍した(トリンベルクJüsskind von Trimberg(12世紀),ロッシSalamone de Rossi(1570?‐1630ころ),メンデルスゾーン,マーラー,シェーンベルク,アルトゥール・ルビンステイン,メニューインら)。またそれと同時に,ユダヤ風の音楽作品も西洋音楽遺産のなかに加わった(M.ブルッフの《コル・ニドライ》,ブロッホの《ヘブライ狂詩曲シェロモ》など)。 アシュケナジムのうち東ヨーロッパ,とくにポーランドやウクライナのユダヤ人たちは,18世紀の半ばに,ユダヤ神秘主義(ハシディズム)を興し,それに伴って,スラブ風なニュアンスに富む即興の母音唱法によるリズミカルな民衆的宗教賛歌ニーグンNiggunとそのダンスを生み出した。…

【キッチュ】より

…たとえば1920~30年代の機能主義は,キッチュに決定的に対立しそれを克服しようと努めた。同じ時代に,あらゆる芸術にはキッチュ的要素があることを見抜いた文学者H.ブロッホの場合にも,キッチュは芸術における〈悪の体系〉と表現された。60年代に,近代合理主義に対する批判が活発になると,人間の非合理性を再評価するきっかけにキッチュが登場した。…

※「ブロッホ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブロッホの関連情報