コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村幸生 ニシムラユキオ

2件 の用語解説(西村幸生の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

にしむら‐ゆきお【西村幸生】

[1910~1945]プロ野球選手。三重の生まれ。関西大で投手として活躍後、昭和12年(1937)大阪タイガース阪神の前身)に入団、チームを二度の優勝に導く。3年で退団し、満州に渡るが、第二次大戦で戦死。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西村幸生 にしむら-ゆきお

1910-1945 昭和時代前期のプロ野球選手。
明治43年11月10日生まれ。学生野球で活躍後,昭和12年大阪(現阪神)タイガースに投手として入団,同年秋,翌年春の優勝に貢献。14年退団。通算55勝21敗。20年4月3日フィリピンで戦死。36歳。52年野球殿堂入り。三重県出身。関西大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西村幸生の関連キーワード新聞小説原子爆弾投下イギリス映画韓国闇市ドイツ問題アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画農民文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西村幸生の関連情報