コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢仙湖 にしざわ せんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西沢仙湖 にしざわ-せんこ

1864-1914 明治時代の好事家(こうずか)。
元治(げんじ)元年4月生まれ。西沢笛畝(てきほ)の養父。わかくして風刺雑誌「団団珍聞(まるまるちんぶん)」に歌文を投稿。久保田米僊(べいせん),江沢梅逸らと「あづまぶり」「今模様」などの雑誌を発刊。人形・玩具・雛(ひな)などを収集し,明治42年同好者の団体大供(おおとも)会を結成した。大正3年4月9日死去。51歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は大石。通称は米二郎。別号に琵琶廼舎(びわのや),雛舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

西沢仙湖の関連キーワード元治フランツイタリア映画ロッキード事件ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone