コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西沢仙湖 にしざわ せんこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西沢仙湖 にしざわ-せんこ

1864-1914 明治時代の好事家(こうずか)。
元治(げんじ)元年4月生まれ。西沢笛畝(てきほ)の養父。わかくして風刺雑誌「団団珍聞(まるまるちんぶん)」に歌文を投稿。久保田米僊(べいせん),江沢梅逸らと「あづまぶり」「今模様」などの雑誌を発刊。人形・玩具・雛(ひな)などを収集し,明治42年同好者の団体大供(おおとも)会を結成した。大正3年4月9日死去。51歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は大石。通称は米二郎。別号に琵琶廼舎(びわのや),雛舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

西沢仙湖の関連キーワード好事家

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android