コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西端藩 にしばたはん

2件 の用語解説(西端藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西端藩
にしばたはん

江戸時代後期,三河国 (愛知県) 碧海 (あおみ) 郡西端地方を領有した藩。天和2 (1616) 年旗本本多氏に 1000石が給せられたのが始り。元治1 (1864) 年忠実のとき,加増により1万 500石となって立藩,以後廃藩置県にいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西端藩
にしばたはん

江戸後期、三河国碧海(へきかい)郡西端(愛知県碧南市)に陣屋を構えた譜代(ふだい)藩。領地1万5000石のうち、4000石が碧海郡にあり、ほかは安房(あわ)、上総(かずさ)、下総(しもうさ)、上野(こうずけ)、下野(しもつけ)、伊豆(いず)国に分散。1864年(元治1)に藩として成立。藩主は本多忠寛(ほんだただひろ)、忠鵬(ただゆき)の2代。西端には1616年(元和2)本多忠相(ただすけ)が碧海郡に1000石を給せられて以来、同氏の陣屋があった。忠寛は忠相から数えて10代目にあたる。西端藩の朱印高は9000石で万石に満たなかったが、忠寛が幕末の混乱期に藩としての任務を果たすことを願い出て、それが許可されて藩に取り立てられた。1871年(明治4)廃藩となり、西端県、額田(ぬかた)県を経て、翌年愛知県に編入される。[渡辺和敏]
『『愛知県史 第2巻』(1938・愛知県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西端藩の関連キーワード三河衆愛知県高浜市碧海町愛知県豊川市八幡町池田寛親石川貫河木藤八三郎夏目重蔵西岡天津八田華陽原田圭岳

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone