額田(読み)ぬかた

日本大百科全書(ニッポニカ)「額田」の解説

額田
ぬかた

愛知県中南部、額田郡にあった旧町名(額田町(ちょう))。現在は岡崎(おかざき)市の東部を占める地区。全域が三河山地で、スギヒノキの美林が多い。旧額田町は1956年(昭和31)豊富(とよとみ)、宮崎、形埜(かたの)、下山(しもやま)(一部)の4村が合併して町制施行。2006年(平成18)岡崎市に編入。国道473号が南北に、北東端を301号が走る。二つの水系のうち男(おと)川流域は片麻(へんま)岩系で桜井寺地区に珪石(けいせき)鉱業が、北部の乙(おと)川流域は花崗(かこう)岩系で、形埜・下山地区は花崗岩採掘、石灯籠(どうろう)加工などが盛んである。農産物では宮崎茶、千万町(ぜまんじょう)のコンニャク、林産物では磨(みがき)丸太、間伐材活用品、シイタケなどがある。額田工業団地の造成により、製造業の発展もみられる。観光拠点に闇刈(くらがり)渓谷、本宮山(ほんぐうさん)がある。天恩寺(てんおんじ)(片寄山下)の山門・仏殿は国指定重要文化財。

[伊藤郷平]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「額田」の解説

額田
ぬかた

愛知県中部,岡崎市東部の旧町域。美濃三河高原南端にある。 1956年豊富村,宮崎村,形埜村の3村と下山村の一部が合体し町制。 2006年岡崎市に編入。林野率が 80%をこえ,特に東部の宮崎はスギ,ヒノキの林業地として知られる。西部の豊富はケイ石の採掘地。 1955年頃から過疎化が始まり,その対策として輸送用機械工場が誘致された。東部は本宮山県立自然公園に属し,本宮山スカイラインが通じていて,くらがり渓谷は新緑紅葉とマス釣りで知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の額田の言及

【夜久野[町]】より

…西国三十三所28番札所の丹後成相(なりあい)寺(宮津市)に至る成相道もこの原を通り,江戸時代には小倉(おぐら)に茶堂もあった。牧川沿いの額田(ぬかた)は但馬街道(現,国道9号線)の宿場で,東隣の井田とともに丹波漆の産地として知られた。栗,シイタケの栽培や畜産など農林業が中心であるが,メリヤス加工業,縫製業も行われる。…

※「額田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android