コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西陰村遺跡 せいいんそんいせきXi-yin-cun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西陰村遺跡
せいいんそんいせき
Xi-yin-cun

中国,山西省夏県にある新石器時代仰韶文化遺跡。 1926年に李済によって調査された。出土した土器は粗灰陶,紅色細陶,彩陶などであり,ほかに石器,骨角器も発見されている。彩陶は下層に多く上層に少く,出土した彩陶は河南のそれと類似している。この遺跡の調査は,中国で初めて3点記載法を用いて発掘した遺跡である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいいんそんいせき【西陰村遺跡 Xī yīn cūn yí zhǐ】

中国山西省夏県にある新石器時代仰韶文化の遺跡。1926年清華研究院の李済らによって調査された。遺跡は東西560m,南北800mにわたる。表土下に薄い石灰層を隔てて灰土層があり,さらに砂土層が続いて最下部に平面が楕円形の竪穴がある。遺物は各層から出ていて,土器,石器,骨器,貝殻片,装飾品,獣骨がある。土器は彩陶,縄蓆文のついた粗質の灰陶と黒陶の3種に大別されるが,層位に区別なく出土する。彩陶の器形は鉢が多く,黒または赤色で葉形文,円点文,斜格子文,弧形三角文が描かれるが,白色の下塗を施す彩陶もみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西陰村遺跡の言及

【彩文土器】より

… 土器の中で占める彩文土器の比率は低い。坪井清足によると,中国山西省西陰村遺跡の竪穴出土の土器の比率は彩陶16.3%に対して黒灰色土器11.6%,尖底壺5.6%,粗陶31.3%であって,彩陶の器形は各種の鉢,壺,高杯などの,物を盛ったり貯蔵しておく容器であり,しかもこの種の器形には紅陶もあるから,彩陶は特殊な容器として存在したものであることが指摘されている。これはギリシア・ローマの絵付陶器が冠婚葬祭,宴席,奉納に用いられ,日常の用は無文陶器や青銅容器によっていたことと関連させて考えなければならない現象であろう。…

※「西陰村遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android