コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要劇料 ようげきりょう

1件 の用語解説(要劇料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようげきりょう【要劇料】

律令官人に対する給与の一つ。719年(養老3)に劇(激)務の官をえらんで銭を支給したのが始まりとされ,奈良時代では,在京の特定官司の職事(しきじ)官に対し,官位の高下に従い月別に銭を支給した。これに類似し,番上(ばんじよう)官に米を支給するのを番上粮(ばんじようろう)といい,この要劇料,番上粮は正規の月料(げつりよう),大粮(たいろう)に対し,劇官のみへの追加給の性格を有した。しかし808年(大同3)に月料支給の範囲縮小に伴い,同年および翌年の改革で要劇料も銭でなく日別2升の米の支給とし,月料と要劇料,番上粮のいずれかを重複せずに支給することになって,追加給としての性格は失われ,月料と同質の給与へと変質した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

要劇料の関連キーワード一時金季禄職封給与所得職分田俸禄大粮事務員給与臨給

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone