コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大粮 タイロウ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ろう〔‐ラウ〕【大×粮】

律令制で、諸司・諸寮の下級官人に支給された米・塩・布など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たいろう【大粮】

日本古代の律令制で,仕丁(しちよう),衛士,采女(うねめ)などの中央で働く者に支給された食料。民部省を通して,として徴収された米や塩,布や綿(真綿)等が支給された。ある官司で必要な大粮は1ヵ月分まとめて前月末に民部省に申請することになっていた。その申請の文書で,745年(天平17)の分が《正倉院文書》に残っている。それによると上記の労働者のほか,特殊技術をもつ下級官人や工人たちも大粮の支給対象となっていたようである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大粮の関連キーワード要劇料入江保済す

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大粮の関連情報