大粮(読み)タイロウ

世界大百科事典 第2版の解説

たいろう【大粮】

日本古代の律令制で,仕丁(しちよう),衛士,采女(うねめ)などの中央で働く者に支給された食料。民部省を通して,として徴収された米や塩,布や綿(真綿)等が支給された。ある官司で必要な大粮は1ヵ月分まとめて前月末に民部省に申請することになっていた。その申請の文書で,745年(天平17)の分が《正倉院文書》に残っている。それによると上記の労働者のほか,特殊技術をもつ下級官人や工人たちも大粮の支給対象となっていたようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ろう ‥ラウ【大粮】

〘名〙
① 令制での官人給与の総称。ふつう、下級官人である諸司諸寮の衛士(えじ)・仕丁・采女(うねめ)・女丁などの番上のものに給する米・塩・布・綿などを指す。また、それにあてるために諸国が貢納する米など。公粮。たいりょう。
※延喜式(927)一一「凡親王以下月料并諸司要劇及大粮等、毎月申官出充」
② 転じて、給与。
※東寺百合文書‐を・応永一五年(1408)五月一三日「金蓮院出仕大粮以下 百五十文」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android