コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸司田 しょしでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸司田
しょしでん

令制下,諸官司の費用にあてるため給された田地官衙の費用充当には公廨田 (くがいでん) があったが,そのほかに『類聚三代格』巻十五には諸司田に関する数通の格を載せ,諸司田を受ける司として式部省治部省以下 39司を記している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょしでん【諸司田】

律令制で、諸官司の領有する田地。官人の給与にあてる。不輸租。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の諸司田の言及

【公廨田】より

…闕官田は公力を用いて耕作された。令制下では傔仗(けんじよう)や按察使(あぜち)等にも支給されたが,757年(天平宝字1)には大学寮,雅楽寮,陰陽寮等の官庁に支給する諸司田としての公廨田が設置された。【吉村 武彦】。…

※「諸司田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸司田の関連キーワード公地公民律令制不輸租公営田給与官人官田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android