コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要指示薬 ようしじやく

1件 の用語解説(要指示薬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようしじやく【要指示薬】

要指示医薬品ともいう。薬事法に基づいて,厚生大臣が指定する一群の医薬品で,医師の指導のもとに用いなければ適切な効果が発揮できないばかりか,危険を伴うおそれのあるものをいう。要指示薬の直接の容器や包装には,〈注意――医師等の処方箋,指示により使用すること〉あるいは〈要指示〉の文字が記載されている。販売業者は,医師,歯科医師,獣医師からの処方箋または指示を受けた人以外に要指示薬の販売,授与ができない。【松谷 剛志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

要指示薬の関連キーワード医薬品劇薬毒薬薬事法医薬品医療機器総合機構薬事医薬品と化粧品薬事法改正医薬品の治験薬事法に基づく研究報告の届け出制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone