コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見当識障害 けんとうしきしょうがい

百科事典マイペディアの解説

見当識障害【けんとうしきしょうがい】

現在の自己,および自己のおかれている状況を認識することを見当識というが,この認識が正常に行われない状態のことで,失見当識ともいう。自分が置かれている時や場所,周囲人間関係などを正しく認識しているか否かで判断する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

けんとうしき‐しょうがい〔ケンタウシキシヤウガイ〕【見当識障害】

見当識が低下し、現在の日時、自分がいる場所、周囲の人との関係などが正しく認識できない状態。失見当識。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

見当識障害の関連キーワードセカンドインパクト症候群アルツハイマー型認知症心の病気とからだの病気アルツハイマー病コルサコフ病BPSD頭部外傷意識障害中核症状認知症痴呆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

見当識障害の関連情報