視距儀(読み)シキョギ

大辞林 第三版の解説

しきょぎ【視距儀】

トランシットを用いて一定長の目標の視角を測定し、計算により距離を測る道具。スタジア測量器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android