コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

視距儀 シキョギ

デジタル大辞泉の解説

しきょ‐ぎ【視距儀】

距離を測定する器械。トランシットの接眼部に十字線の中心から等間隔に2本の水平線があるもの。目標地点に立てた標尺の2本の線に挟まれた目盛りの長さから、目標地点までの距離を計算する。スタジア測量器。→スタジア測量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきょぎ【視距儀】

トランシットを用いて一定長の目標の視角を測定し、計算により距離を測る道具。スタジア測量器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

視距儀の関連キーワード視角

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android