コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚円(1) かくえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚円(1) かくえん

1031-1098 平安時代中期-後期の僧。
長元4年生まれ。藤原頼通の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の明尊にしたがって出家し,顕教密教をまなぶ。園城寺長吏をへて治暦(じりゃく)元年大僧正に任じられた。承保(じょうほう)4年(1077)天台座主(ざす)となったが,山門衆徒の反対にあい,3日で辞任。のち法勝寺初代別当。承徳(じょうとく)2年4月16日死去。68歳。通称は宇治僧正。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚円(1)の関連キーワード覚猷寛助後ウマイヤ朝聖宗後ウマイヤ朝聖宗[遼]ロベール2世後ウマイヤ朝陽子祖庭事苑

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android