コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚円(1) かくえん

1件 の用語解説(覚円(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚円(1) かくえん

1031-1098 平安時代中期-後期の僧。
長元4年生まれ。藤原頼通の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の明尊にしたがって出家し,顕教・密教をまなぶ。園城寺長吏をへて治暦(じりゃく)元年大僧正に任じられた。承保(じょうほう)4年(1077)天台座主(ざす)となったが,山門衆徒の反対にあい,3日で辞任。のち法勝寺初代別当。承徳(じょうとく)2年4月16日死去。68歳。通称は宇治僧正。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚円(1)の関連キーワード円快安倍基尚覚実(1)雄安感世経範尋空秦武元妙法(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone