コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚円(1) かくえん

1件 の用語解説(覚円(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚円(1) かくえん

1031-1098 平安時代中期-後期の僧。
長元4年生まれ。藤原頼通の子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の明尊にしたがって出家し,顕教・密教をまなぶ。園城寺長吏をへて治暦(じりゃく)元年大僧正に任じられた。承保(じょうほう)4年(1077)天台座主(ざす)となったが,山門衆徒の反対にあい,3日で辞任。のち法勝寺初代別当。承徳(じょうとく)2年4月16日死去。68歳。通称は宇治僧正。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚円(1)の関連キーワード聖宗後ウマイヤ朝祖庭事苑シトー会シトー会チュニジアハインリヒ[5世]波々伯部保清原国貞藤原苡子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone