コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚慶(1) かくけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚慶(1) かくけい

928-1014 平安時代中期の僧。
延長6年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山の良源に師事して顕教・密教をまなぶ。応和3年(963)内裏でおこなわれた「応和の宗論」に師にしたがって参加,東大寺の法相(ほっそう)宗の法蔵と論戦した。長徳4年天台座主(ざす),長保2年大僧正に任じられた。長和3年11月23日死去。87歳。京都出身。号は東陽房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚慶(1)の関連キーワードレオ6世ステファヌス7世(8世)サムイルスウェイン1世ソロモントミスラフクディリ朝東丹王イスラエル王国ユダ王国

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android