コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚深入道親王 かくじんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(覚深入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚深入道親王 かくじんにゅうどうしんのう

1588-1648 織豊-江戸時代前期,後陽成天皇の第1皇子。
天正(てんしょう)16年5月5日生まれ。母は中山親子(ちかこ)。文禄(ぶんろく)3年(1594)親王となる。慶長6年真言宗仁和寺(にんなじ)真光院にはいり,亮淳のもとで得度。晋海から灌頂(かんじょう)をうける。のち仁和寺門跡(もんぜき)となり,応仁(おうにん)の乱で焼失した同寺の伽藍(がらん)の再興に尽力。正保(しょうほ)5年閏(うるう)1月21日死去。61歳。俗名は良仁(かたひと)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚深入道親王の関連キーワード相沢定常揚屋喜斎伊藤小太夫(初代)奥山清真織田信益芝琳賢(2)順専雪林古田斎宮(初代)冥途小八

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone