コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚芝広本 かくし こうほん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚芝広本 かくし-こうほん

1686-1746 江戸時代中期の僧。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。黄檗(おうばく)宗。近江(おうみ)(滋賀県)福寿寺の桂堂元昌のもとで出家,元禄(げんろく)14年(1701)その法をつぐ。同寺の住持をつとめるかたわら,医術をまなび,俳諧(はいかい)にもすぐれた。延享3年5月14日死去。61歳。京都出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚芝広本の関連キーワード太田見良広本貞享

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android