コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚芝広本 かくし こうほん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚芝広本 かくし-こうほん

1686-1746 江戸時代中期の僧。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。黄檗(おうばく)宗。近江(おうみ)(滋賀県)福寿寺の桂堂元昌のもとで出家,元禄(げんろく)14年(1701)その法をつぐ。同寺の住持をつとめるかたわら,医術をまなび,俳諧(はいかい)にもすぐれた。延享3年5月14日死去。61歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚芝広本の関連キーワード太田見良広本貞享

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android