コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚芳 かくほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚芳 かくほう

1695-1750 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)8年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の天台宗長尾寺の住持をへて金倉寺(金蔵寺)にうつる。のち聖護(しょうご)院にまねかれ,また園城寺(おんじょうじ)勧学院でもおしえた。寛延3年2月死去。56歳。讃岐出身。俗姓は松尾。号は了春。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚芳の関連キーワード元禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android