コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚雲法親王 かくうんほうしんのう

1件 の用語解説(覚雲法親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚雲法親王 かくうんほうしんのう

1272-1323 鎌倉時代,亀山天皇の皇子。
文永9年生まれ。弘安(こうあん)7年天台宗梶井門室(三千院)にはいって出家。翌年親王となる。澄覚(ちょうかく)法親王について灌頂(かんじょう)をうけ,嘉元(かげん)3年天台座主に任じられる。文保元年再任。法号は菩提院。元亨(げんこう)3年10月18日死去。52歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

覚雲法親王の関連キーワード本願寺名越時章普門寺鵡川沙汰未練書全相平話マショー綾小路敦有大仏宣時金沢時直

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone