コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚雲法親王 かくうんほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚雲法親王 かくうんほうしんのう

1272-1323 鎌倉時代,亀山天皇の皇子。
文永9年生まれ。弘安(こうあん)7年天台宗梶井門室(三千院)にはいって出家。翌年親王となる。澄覚(ちょうかく)法親王について灌頂(かんじょう)をうけ,嘉元(かげん)3年天台座主に任じられる。文保元年再任。法号は菩提院。元亨(げんこう)3年10月18日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

覚雲法親王の関連キーワード三条局(3)鎌倉時代三条局

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android