コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世元義 かんぜ もとよし

1件 の用語解説(観世元義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元義 かんぜ-もとよし

1873-1920 明治-大正時代の能楽師シテ方。
明治6年7月20日生まれ。観世清孝の3男。片山家にはいり九郎三郎を名のり,大正2年家名片山九郎右衛門(7代)を襲名。兄の宗家23代観世清廉(きよかど)の養子となった長男清久(のちの宗家24代観世左近)の後見役をつとめ,紛糾していた能楽界に対処した。4年片山家を去り,観世元義と改名,京都にとどまり能楽の発展に尽力。大正9年1月26日死去。48歳。静岡県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

観世元義の関連キーワード大西閑雪金子亀五郎北村一郎小早川精太郎杉市太郎月岡耕漁鶴賀鶴吉(5代)宝生九郎(1)松浦栄三宅襄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone