コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世元義 かんぜ もとよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元義 かんぜ-もとよし

1873-1920 明治-大正時代の能楽師シテ方。
明治6年7月20日生まれ。観世清孝の3男。片山家にはいり九郎三郎を名のり,大正2年家名片山九郎右衛門(7代)を襲名。兄の宗家23代観世清廉(きよかど)の養子となった長男清久(のちの宗家24代観世左近)の後見役をつとめ,紛糾していた能楽界に対処した。4年片山家を去り,観世元義と改名,京都にとどまり能楽の発展に尽力。大正9年1月26日死去。48歳。静岡県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世元義の関連キーワード観世 元義分林 保三観世 清廉片山 博通観世 左近杉浦 友雪山本 博之分林保三

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android