コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世清孝 かんぜ きよたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世清孝 かんぜ-きよたか

1837-1888 幕末-明治時代の能楽師シテ方。
天保(てんぽう)8年生まれ。観世清長の子。嘉永(かえい)5年宗家22代をつぐ。明治維新のとき徳川慶喜にしたがい静岡に移住したが,明治7年帰京。能の故実の研究家としても知られた。明治21年2月11日死去。52歳。江戸出身。通称は三十郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の観世清孝の言及

【観世流】より

…その後,梅若妙音大夫や梅若玄祥らが出,観世大夫のツレを務めるなどし,織田信長,徳川家康の後援を受け,江戸時代は観世座のツレの家として公認された。維新の際,離京した観世清孝に代わって孤塁を守った梅若六郎(のちの初世梅若実)は,しだいに流勢を挽回し,くろうと・しろうとの門弟にみずから免状を発行するに至った。これは旧来家元の有していた特権を侵したことになる。…

※「観世清孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観世清孝の関連キーワード観世銕之丞(4代)大和田 建樹金剛 唯一小沢 良輔大西 閑雪観世 清廉観世 元義観世清之観世元義観世清廉大西閑雪明治時代観世流天保

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android