コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世清孝 かんぜ きよたか

1件 の用語解説(観世清孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世清孝 かんぜ-きよたか

1837-1888 幕末-明治時代の能楽師シテ方。
天保(てんぽう)8年生まれ。観世清長の子。嘉永(かえい)5年宗家22代をつぐ。明治維新のとき徳川慶喜にしたがい静岡に移住したが,明治7年帰京。能の故実の研究家としても知られた。明治21年2月11日死去。52歳。江戸出身。通称は三十郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の観世清孝の言及

【観世流】より

…その後,梅若妙音大夫や梅若玄祥らが出,観世大夫のツレを務めるなどし,織田信長,徳川家康の後援を受け,江戸時代は観世座のツレの家として公認された。維新の際,離京した観世清孝に代わって孤塁を守った梅若六郎(のちの初世梅若実)は,しだいに流勢を挽回し,くろうと・しろうとの門弟にみずから免状を発行するに至った。これは旧来家元の有していた特権を侵したことになる。…

※「観世清孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

観世清孝の関連キーワード常磐津文字太夫光の科学史ウィルヘルムマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone