コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世清廉 かんぜ きよかど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世清廉 かんぜ-きよかど

1867-1911 明治時代の能楽師シテ方。
慶応3年5月26日生まれ。観世清孝の長男。明治21年宗家23代をつぐ。美声と独特な舞で名声を博し,とくに「熊野(ゆや)」「松風」などの鬘物(かずらもの)とよばれる能を得意とした。明治44年7月17日死去。45歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世清廉の関連キーワード手塚 亮太郎観世 左近大西 閑雪観世 清孝観世 元義小沢 良輔橋岡 雅雪橋岡久太郎明治時代観世元義観世左近大西閑雪観世清之

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android