コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世正盛 かんぜ まさもり

1件 の用語解説(観世正盛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世正盛 かんぜ-まさもり

1429-1470 室町時代の能役者シテ方。
永享元年生まれ。音阿弥(おんあみ)(宗家3代観世元重)の長男。観世流宗家4代。将軍足利義政の後援をうけ,寛正(かんしょう)5年京都糺(ただす)河原で鞍馬寺(くらまでら)勧進のための勧進猿楽を興行した。文明2年5月22日死去。42歳。通称は又三郎。名は政盛ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世正盛の関連キーワード善隣国宝記ベリーニ一条兼良足利義教足利義教永享正長Pandora Media松山地区若山城と陶晴賢

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone