コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世身愛 かんぜ ただちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世身愛 かんぜ-ただちか

1566-1627* 織豊-江戸時代前期の能役者シテ方。
永禄(えいろく)9年生まれ。観世元尚の長男。父の死後に宗家9代をつぎ,祖父元忠にまなぶ。徳川家康の後援をうけて駿府(すんぷ)(静岡市)から京都に進出,四座一流の筆頭の地位をきずく。「元和卯月(げんなうづき)本」の校閲・監修にあたり,観世流謡本の基礎を確立した。寛永3年12月9日死去。61歳。初名は照氏,のち忠親。通称は与三郎,左近。号は暮閑。法名は黒雪。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

観世身愛の関連キーワード喜志喜太夫観世黒雪福王盛親永禄