コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世身愛 かんぜ ただちか

1件 の用語解説(観世身愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世身愛 かんぜ-ただちか

1566-1627* 織豊-江戸時代前期の能役者シテ方。
永禄(えいろく)9年生まれ。観世元尚の長男。父の死後に宗家9代をつぎ,祖父元忠にまなぶ。徳川家康の後援をうけて駿府(すんぷ)(静岡市)から京都に進出,四座一流の筆頭の地位をきずく。「元和卯月(げんなうづき)本」の校閲・監修にあたり,観世流謡本の基礎を確立した。寛永3年12月9日死去。61歳。初名は照氏,のち忠親。通称は与三郎,左近。号は暮閑。法名は黒雪。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

観世身愛の関連キーワード織豊時代稲葉典通相良宗因順専正玄正山雪林代翁守哲等木庭田具子

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone