コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世身愛 かんぜ ただちか

1件 の用語解説(観世身愛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世身愛 かんぜ-ただちか

1566-1627* 織豊-江戸時代前期の能役者シテ方。
永禄(えいろく)9年生まれ。観世元尚の長男。父の死後に宗家9代をつぎ,祖父元忠にまなぶ。徳川家康の後援をうけて駿府(すんぷ)(静岡市)から京都に進出,四座一流の筆頭の地位をきずく。「元和卯月(げんなうづき)本」の校閲・監修にあたり,観世流謡本の基礎を確立した。寛永3年12月9日死去。61歳。初名は照氏,のち忠親。通称は与三郎,左近。号は暮閑。法名は黒雪。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

観世身愛の関連キーワード内藤ジュリアスレイマン一世津田宗達グレコ嘉靖帝スレイマン天王寺屋会記明版観世黒雪十三陵

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone