校閲(読み)コウエツ

デジタル大辞泉の解説

こう‐えつ〔カウ‐〕【校閲】

[名](スル)文書や原稿などの誤りや不備な点を調べ、検討し、訂正したり校正したりすること。「専門家の校閲を経る」「原稿を校閲する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうえつ【校閲】

( 名 ) スル
印刷物や原稿を読み、内容の誤りを正し、不足な点を補ったりすること。 「原稿を-する」 「 -を受ける」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐えつ カウ‥【校閲】

〘名〙
① 調べ検討すること。検査すること。調査すること。〔新撰字解(1872)〕〔魏書‐太宗紀〕
② 特に、原稿印刷物などを調べ、誤りや不備な点を正すこと。
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「青砥の石文といへる冊子は馬琴の(カウエツ)を経たりしものにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

校閲の関連情報