コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観察学習 かんさつがくしゅうobservational learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観察学習
かんさつがくしゅう
observational learning

他者(モデル)の行動や態度,あるいは感情の表出を観察することで,その行動型を学ぶ学習方法。一般に観察学習は観察者が他者模倣することであるととらえられてきたが,1960年代,アメリカ合衆国の心理学者アルバート・バンデューラは,人は他者をまねるのではなく,他者の行動からありのまま学びとるのだと主張した。観察学習はバンデューラが唱える社会的学習理論の中心要素をなし,観察学習が成立するには,注意保持再生動機づけの四つの過程が必要であると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんさつがくしゅう【観察学習】

他人の行動を観察することによって、本人が実際に体験しなくてもその行動様式を学習すること。モデリング。 → 模倣学習

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

観察学習の関連キーワード社会的学習理論模倣(心理学)越後丘陵公園モデリング机間巡視模倣学習

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android