観察学習(読み)かんさつがくしゅう(英語表記)observational learning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

観察学習
かんさつがくしゅう
observational learning

他者(モデル)の行動や態度,あるいは感情の表出を観察することで,その行動型を学ぶ学習方法。一般に観察学習は観察者が他者模倣することであるととらえられてきたが,1960年代,アメリカ合衆国の心理学者アルバート・バンデューラは,人は他者をまねるのではなく,他者の行動からありのまま学びとるのだと主張した。観察学習はバンデューラが唱える社会的学習理論の中心要素をなし,観察学習が成立するには,注意保持再生動機づけの四つの過程が必要であると説いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報