コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観測気球 カンソクキキュウ

デジタル大辞泉の解説

かんそく‐ききゅう〔クワンソクキキウ〕【観測気球】

高空の大気の状態を調べるために打ち上げる気球。
敵地の偵察や砲弾の着弾状態などを観測するために上げる気球。
世論や相手の反応などを探るために、わざと流す情報や声明。バロンデッセ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそくききゅう【観測気球】

高層気象の観測のために飛ばす気球。
偵察用の係留気球。
政治や外交交渉において、相手側の反応を知るために故意に流す情報または見解。バロン-デッセー。 「 -を上げる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観測気球の関連情報