コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観測気球(読み)カンソクキキュウ

デジタル大辞泉の解説

かんそく‐ききゅう〔クワンソクキキウ〕【観測気球】

高空の大気の状態を調べるために打ち上げる気球。
敵地の偵察や砲弾の着弾状態などを観測するために上げる気球。
世論や相手の反応などを探るために、わざと流す情報や声明。バロンデッセ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそくききゅう【観測気球】

高層気象の観測のために飛ばす気球。
偵察用の係留気球。
政治や外交交渉において、相手側の反応を知るために故意に流す情報または見解。バロン-デッセー。 「 -を上げる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観測気球の関連情報